1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫人気の日焼け止め。美白効果のある成分とその接種方法

人気の日焼け止め。美白効果のある成分とその接種方法

女性なら誰もが憧れる美肌、今回はその美肌についてその効果のある成分やその成分を含む食材等についていくつかご紹介していきます。
1ビタミンC
ビタミンCが肌の健康に良く美肌効果があることは有名ですが、なぜビタミンCが肌に良いのでしょうか。一般的に言われているのは皮膚の真下にある強靭結合組織である真皮という部分に存在する線維芽細胞を活性化させるという効果です。線維芽細胞はその名の通りコラーゲンなどを生成する細胞です。そのためビタミンCによって活性化させてやることでコラーゲンの生成を活発にし肌のハリを保ちます。また、ビタミンCは水溶性でありまた高い抗酸化力を持っていますそのため日々の代謝で生成される活性酸素によって細胞の老化を防ぎ肌が傷つくのを防ぐことができます。ではそのビタミンCはどのようにして摂取するのがよいのでしょうか。ビタミンCは上記したように様々な効果がありますがそのようにたくさん効果があるということは逆に安定しない物質であるということも言えます。なので空気に触れると分解していまったり、熱によって分解してしまったりということが起こります。なので食べ物からビタミンCを摂取する際はなるべき加熱せずにフレッシュな状態で摂るのがよいと考えられます。ビタミンCは果実に豊富に含まれているためそれらを低速ジューサー等でフレッシュジュースにして飲むのがよいでしょう。またビタミンCを取り入れる別の方法として化粧品から取り入れるということもできます。化粧品につかわれているビタミンCは多くの場合ビタミンC誘導体として化粧品の成分の中に含まれています。先ほども述べたようにビタミンCは不安定な物質かつ水溶性の物質です。水溶性の物質は肌の表面のリン脂質二重膜によって体内に入りにくくそのため誘導体として脂溶性を持たせ体内でビタミンCに変化するといったふうにすることでよりビタミンCを体内に取り込みやすくするためにビタミンC誘導体が化粧品に使われています。そのため化粧品からビタミンCを得ようと思う方はなるべく脂溶性の高いビタミンC誘導体が成分に入ってるものを選ぶとよいでしょう。
2イソフラボン
イソフラボンは大豆などに含まれるポリフェノールの一種で植物エストロゲンともいわれます。エストロゲンというのは女性ホルモンの一種で女性らしい体つきやコラーゲンの生成に必要でこれが不足することで肌の調子が悪くなります。イソフラボンが植物エストロゲンともいわれる理由にはその分子構造がエストロゲンと似ていてエストロゲンと同様の働きをすることにあります。なのでイソフラボンを摂取することでエストロゲンにかかわる気候の働きが活発になりその結果コラーゲンなどの生成が活発になり肌にツヤとハリをもたせます。イソフラボンの摂取方法は大豆や大豆からなる食品からの摂取がよいでしょう。

今回はビタミンCとイソフラボンについて紹介してきました。他にも美肌効果のある成分はたくさん存在します。どの成分にも言えることですが重要なのはそれらを一日に適量摂取していくことです。そのように意識して普段の生活を行うことができれば肌は美肌へと近づいていくでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。