1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫日焼けで出来たシミとりならハイドロキノン、トーンアップならピュアビタミンC

日焼けで出来たシミとりならハイドロキノン、トーンアップならピュアビタミンC

元々肌の色は白めですが、20代後半頃から目の回りに小さなシミが目立つようになりました。
どうにかとりたいと思い、フェイシャルエステやら医薬部外品になっている成分入りの化粧品を色々試しました。
実体験ですので参考までに。私はフェイシャルの美白ケアはあまり手応えがなかったです。
またビタミンC誘導体、アルブチン、Mトラネキサム酸もいまいちでした。強いて言えば、アルブチンは少しだけトーンアップできたかなという程度です。
ハイドロキノンとピュアビタミンCはオススメです。
商品名でいうと、ハイドロキノンは4%配合で『プラスキレイ』とか『エキレレントメディカル』などから出ています。
気になるシミにピンポイントに使います。10日くらい続けると輪郭がボヤっとしてきて、2週間過ぎる頃には全体的に薄くなりました。完全に消えないのが唯一難点ですが。ただ外科的な方法以外ではコスパも安全性もバッチリだと思います。(私は肌は弱い方ではありません。心配な方は必ず、腕の内側とかでパッチテストしてください。)
ハイドロキノンは顔全体につかえないので、肌全体を明るくしたいなと思い、出会ったのがピュアビタミンCです。
先ほどのハイドロキノンと同じ会社から出ています。
ピュアビタミンCは従来のビタミンC誘導体や、持続型ビタミンCのデメリットを改善した、『即効性も持続性めあるビタミンC』です。
使い初めて数日で毛穴がキュっと小さくなり、汚れが目立ちにくくなります。したがって、肌のトーンが明るくなります。
使い続けると、肌のがツルンとしてきますし、ニキビもできにくくなりました。ハリも出ますよ。
まさに万能なエイジングケアがピュアビタミンC(美容液)でできます。
唯一のデメリットは、結構肌にピリッとくるので慣れるまでは濃度低めのもの(10%と25%あり)から始めるといいです。
私は肌のトーンアップをピュビタミンCで行い、ピンポイントのシミ取りをハイドロキノンクリームでケアしています。
このダブルケアをする前より、自分のお肌に自信が持てるようになりました。スッピンと日焼け止め(または化粧下地)のみの肌があまり差がなくなったのは、このスキンケアのおかげかと思います。
顔全体にハイドロキノンを使いたいという方はビーグレンの1.9%のクリームがあるので、そちらもおすすめです。
ご紹介した商品はいずれも1000円から6000円くらいで、何とか続けられるお値段なのも嬉しいです。
(4%ハイドロキノンクリームは3000円で1ヶ月分、ピュアビタミンCはセールになると1000円で1週間分、1.9%ハイドロキノンクリームは5000円~6000円ほどです。)

どちらの成分も肌への刺激性が低くはないというのがデメリットですね。肌の弱い方は『新型ピュアビタミンC』というのも出ています。そちらは刺激性ゼロなので肌弱めの方におすすめです。
私個人としては即効性はピュアビタミンCの方が上だと思います。

あくまで私個人の使用感と感想に基づくものですので、その辺はご了承ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。