1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫日焼けをした肌に!正しい美白化粧水の選び方とその使い方

日焼けをした肌に!正しい美白化粧水の選び方とその使い方

乾燥肌やくすみ肌で悩んでいる方、つるんとした美白肌を手に入れたい!という方は必見です。
美白化粧水の正しい選び方と、その使い方を知って美白肌を手に入れる方法をご紹介いたします。
まず、肌が乾燥している状態は、くすみやシミ、しわになりやすいということはご存知でしょうか。肌に一番必要なことは水分量です。美白化粧水や美白クリームをうまく使用して、ぷるぷるに潤った、疲れ知らずの美白肌を手にいれるには、まず、保湿の方法をマスターすることが必要になります。

美白化粧水をつかった正しい保湿の方法を知って美白肌を手に入れよう
美白肌を手に入れる近道としては、美白成分が多くふくまれている美白化粧水を使用する必要があります。美白化粧水って、本当に効果があるの?と疑ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、美白化粧水と言われるものには、美白に効果がある成分が含まれています。購入の際には、その美白化粧水に、きちんと美白に効果的な成分がふくまれていることを確認して購入しましょう。
美白化粧水購入の際に、確認すべきに成分には、つぎのようなものがあげられます。
1、メラニンをつくるのを防ぐ、つまり予防効果が得られる、また、既にできているメラニンを薄くする、つまり漂白や還元といわれる効果の2つの効果があるとされている、ビタミンC誘導体およびハイドロキノンです。
また、予防効果あるとされる成分には、アルブチン、エラグ酸、ルシノール、カモミラET、トラネキサム酸、リノール酸S、コウジ酸、プラセンタエキスなどがあります。
美白化粧水を選ぶ際には、このような成分が含まれることを確認して、商品を購入しましょう。

選んだ美白化粧水で正しく保湿しよう
美白の肌に近づくためには、保湿が必要といいましたが、それは保湿をすることで、ひやけや、シミそばかすの原因となるメラニン色素に負けない肌をつくることができるからです。
美白化粧水や、美白クリームなどをより効果的に使うためにも、正しい保湿の方法をマスターしましょう。
まず、肌への刺激は最低限に抑えましょう。洗顔の際には、ぬるま湯で、決してこすらず優しく洗顔します。タオルで水分をOFFする際にも、ごしごしと拭き取るのではなく、優しく抑えるように水分をOFFします。洗顔後は、美白化粧水を肌になじませますが、この時かならず、手は清潔な状態で肌に触れるようにします。コットンでなじませる場合も、手でなじませる場合も洗顔の時と同様に、優しく肌に触れるようにします。そして美白化粧水をなじませたあとは、美白化粧水が乾燥しないように、クリームなどの油分でお肌の表面と美白化粧水の上に膜をつくりましょう。

まとめ
正しい美白化粧水の選び方、また、美白化粧水を使った正しい保湿の方法はご理解いただけましたでしょうか。美白化粧水は、最近では医薬品としての美白化粧水を処方している美容皮膚科などもあります。一般的な美白化粧水には含ませることができない高濃度の美白成分が含まれています。こちらも機会があればお試しください。まだまだ寒い季節が続きます。寒さと同時に乾燥も厳しい季節です。エアコンの使い過ぎには注意して加湿器で部屋の湿度を調整する、また食生活からも潤いを取り入れるなどして乾燥する季節を乗り切りましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。